膣を縮小する手術にはメリットがたくさんあることを知ろう

わらい顔

選ぶときのポイント

女性

育乳ブラは背中などに流れてしまったお肉を胸に寄せ集めてバストアップを図るという画期的な商品です。育乳ブラを購入するときにはきちんと自分のサイズに合ったものや体にフィットしたものを選ぶことが大事です。

もっと見る

様々な治療法がある

婦人

女性のデリケートな悩みとして小陰唇の肥大という症状があります。小陰唇は女性器の一部で、様々な原因によって肥大してしまいます。その大きさや形を直してくれる手術が縮小手です。大阪ではたくさんの美容外科で行われています。

もっと見る

清潔にすることが第一

女の人

女性のデリケートな悩みとしておりものの臭いの問題があります。おりものが匂ってきてしまうのには雑菌の繁殖が大きく関係しています。汗をかいて湿ると雑菌はたくさん増えてしまいます。常に清潔を心掛けることが最も大事なことなのです。

もっと見る

理想の形に形成しよう

婦人

膣のゆるみや変形などといった悩みを抱えている女性は多くいることでしょう。膣のゆるみは生まれつきのものもあれば、出産によるものホルモンバランスの乱れなどから引きおこります。出産による膣のゆるみはなかなか完全に元に戻すことは難しいといえます。そのため膣がゆるんでしまったときには手術を受けて治すことをおすすめします。もしそのままにしておいたら日常生活で様々な支障を来してしまう可能性があります。ゆるんだりサイズが大きくなったりしてしまうと発生する代表的な症状は尿漏れです。排尿するときは普通自分の意思で排泄を行います。しかし、膣がゆるんでしまうことによって自分の意思とは関係なく、ふいに尿漏れを起こしてしまいがちになります。家の中でならまだ大丈夫ですがそれが外出先のときにしてしまった場合には、人目も気になりますし対処にも困ることでしょう。そのような症状を起こさないためにも、手術で綺麗に形や大きさを整えておいたほうがいいといえるのです。

このような膣の形を小さくする手術のことを縮小手術といいます。縮小手術は主に産婦人科などで受けることができます。縮小手術といっても方法は様々なものがあります。主な縮小手術の方法は、切開して行うものとレーザーで治療を行うものがあります。切開手術は肥大した患部を切開したり余分な皮膚を取り除いたりすることで、形や大きさを整えていく方法です。この方法は皮膚を切除するため、出血も起こり多少体に負担はかけてしまいますが、確実に形を形成することができます。自分の理想の形や大きさに近づけるためには、この切開手術を行うことをおすすめします。術後数日は痛みを伴いますが、抜糸などもする必要がないのでそのまま回復を待つことができます。数日経てば痛みも次第に収まりますので心配する必要はありません。この方法のほかにも膣の筋肉を鍛えることによってゆるみを改善していく方法もあります。この方法は主に症状が軽度の人から中度の人までを対象とした治療になります。手術のように出血することもないので体にかける負担は非常に少ないです。あまり症状が重くない人にはこのような治療法をおすすめします。縮小手術にかかる費用は病院ごとで違いますが、平均してだいたい40万程度であるといわれています。比較的低価格で受けることができますので、ぜひこのような悩みを抱えている人は受けてみるといいでしょう。ゆるみや大きさを変えることで様々なメリットが発生するのです。